block-notes

一日一貼
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

同じトランクスをはいている3人

背後から笑い声が聞こえた。「同じパンツはいてるよ」
僕たちはみんなパンツ一丁だった。見ると、くーちゃんは僕と同じ薄水色のチェックのトランクスをはいている。ユニクロで2つで1000円で売っているやつだ。親友の吉沢君も同じく薄水色のチェックだ。3人同じトランクスをはいている者どうし、横に並んで歩いていた。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

左翼だか右翼だか

窓の近く、外から見えないような角度に僕は隠れている。窓越しに、左翼だか右翼だかがトラメガで叫びたてている。「もう無駄だ。わかっている。出てこい。割るぞ。いるのはわかっているのだ」トラメガの音で、窓が震えている。
そんな奴いないのに。僕しかいないのに。何でこんな目にあっているんだろう。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

モトキ

中学の時同じクラスだったモトキに追われた。
モトキはゴリラのような風貌。
グラウンドから自転車で逃げ出し、もう大丈夫だろうと思ったら、前に車が止まった。
モトキだった。
逃げると、車を降りたモトキが四足で追いかけてきた。
犬のように凄いスピードだった。
「オレはキ印だからよ」と言っていた。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)