block-notes

一日一貼
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 魚花 | main | 04-0408 >>

04-0403

友達とだるまを投げて遊んだらだるまが割れてとてもかなしい
短歌 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

え〜だるまを投げるなんて、しかも割れちゃうなんて...すばらしいです  b(´Д`)
kaoru3_16 | 2004/04/10 3:12 AM
kaoruさん、コメントありがとうございます。(´Д`) なんて顔してもらって、恐縮です。
もともと、自分のメモ帳代わりに始めたblogだったのですが、枡野氏に短歌を評価してもらったことで、意外なアクセス数があり、ちょっと驚きです。短歌は電車の中でも作れるので好きです。
aomugio | 2004/04/11 1:59 AM
枡野氏のアドバイスに従って、一緒にだるまを投げる人を変えるなら、「おじさん」ですかね。

おじさんとだるまを投げて遊んだらだるまが割れてとてもかなしい
aomugio | 2004/04/14 10:58 PM
はじめまして。
あまりにもいい感じにかなしかったので、
とらばさせていただいちゃいました。
すみません。
ささき | 2004/04/20 8:49 PM
おじさん……。
よいですね。

お手数ですが、その改訂版、
トラックバック変えて投稿してくださいね。
紹介します。
枡野浩一 | 2004/04/23 11:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aomugio.jugem.cc/trackback/29
この記事に対するトラックバック
日曜の午後二時にふと思い出す割れただるまは今もかなしい(佐々木あらら) ※麦生さんの短歌、「友達とだるまを投げて遊んだらだるまが割れてとてもかなしい」への返歌を詠んでみたくなっただけ。麦生さんすみません。
<詩歌>「返歌テロル」プロジェクトその1。 | とすいてどっばりべりべ | 2004/04/20 8:33 PM